自営業の始め方のコツとは!やるべきことやる必要がないこと

商売を決めることです

自営業をしようとしているのであれば、まずはどんな商売をするのか、というのを決めることになります。そんなことは当たり前ではないか、と思うかもしれませんが、これを正確に把握して、自覚するのがまずは第一歩になります。それが出来ていない人が世の中には意外とします。それで自営業をしようというのですから、非常に怖いといわざるを得ないです。ですから、どんな物、サービスを提供するのかをまずは自覚するべきでしょう。

申請や登録についてのこと

自営業の内容によっては、どうしても申請や登録が必要なこともあります。飲食店ならば保健所に行くことになりますし、リサイクルショップなどでは警察の許可が必要になります。これが古物商の許可であり、どちらも実際にはそこまで難しいことではないです。しかし、こうした申請をしないといけない、ということは意識しておくべきです。そうした商売が世の中にはいくつかありますから、それをよく理解しておき、失敗しないようにすることです。

コンピュータのスキルを多少なりとも

起業において、実はとても重要なスキルがあります。それこそがコンピュータです。どんな場合でも今はコンピュータを使うような時代になっています。ですから、基本的にはかなり重要なスキルであるといえますから、身につけておくべきです。そうすれば、安心して起業をすることができる要素が一つ増えることになります。具体的には別にプログラマー的な能力ではなく、エンドユーザーとして表計算ソフトなどを使えるようにしておけばよいです。

サラリーマン生活から脱却して独立したいと考えた時、フランチャイズというのも一考の価値ありです。ただ、そのための費用的なことなど慎重さも大切です。