大変だけどやりがいのある作業!ビラ配りのアルバイトってどんな仕事?

ビラ配りの仕事って何?基本知識を知る

企業は自社製品の宣伝のために、広告チラシを使うことが度々あります。新聞の折り込みチラシがメジャーな方法ですが、近年新聞を定期購読する世帯が減ってきており、その結果チラシが届く機会も少なくなってきています。そこで現在再注目されているのが、各住戸のポストなどにチラシを投函するビラ配りの仕事=ポスティングです。折り込みチラシと違い、この方法だと効率的にチラシを各家庭に届けることができるのです。ポスティングには、自社の社員が投函する方法、業者に依頼する方法に加え、アルバイトを雇って仕事を代行してもらう方法があります。

ビラ配りの仕事の実態を知る!

それでは、アルバイトという形態におけるビラ配りという仕事はいったいどういうものか、以下に見ていきましょう。まず最初に、依頼主からチラシと地図を受け取り、配布エリアを確認します。中には配布禁止の世帯もあり、マーカーなどで印が付けられている場合もあります。各家庭に、基本的には徒歩の手段でチラシを配ることになります。チラシが足りなくなったら事務所までとりに戻りますが、あらかじめ自宅に送付分のチラシが届けられている場合もあります。時間に縛られることがなく、マイペースで仕事ができ、徒歩が主な手段なので運動にもなるのです。

こうすれば効率的!ビラ配りの仕事を簡単にするには

基本的にはそんなに難しくないビラ配りの仕事ですが、効率的に行うことでより良い仕事を行うことができます。そのコツを以下に見ていきましょう。まずは、配布するエリアの地図を熟知して、効率の良いルートを探すことが第一となります。特にマンションに投函するときは、階段やエレベーターの位置、建物の作りなどをあらかじめ調べておけば、短時間で配り終えることができます。他にも、指サックをつけて一枚ずつ丁寧に素早くチラシを配れる態勢を作っておいたり、バッグを用意してなるべくたくさんのチラシを入れておくようにしておけば、短時間で多くのチラシを投函することができるのです。

ポスティングとは、ビラやチラシなどを宣伝のために指定された地域の家庭のポストに入れることを言います。